男性必見!包茎治療が必要になる三つの事例

真性包茎の人は一日も早い手術が必要

真性包茎の人は、とにかく一日も早く手術をする必要があると言えます。放っておくと、皮と肉が癒着をしてしまって、剥がれなくなってしまうからです。中が洗えないので、非常に不潔になってしまいます。女性にももちろん受けが悪くなりますし、男性としての自信も失われていきますよね。そうした問題は早期に解決しておくことが重要です。幸い、手術をすれば簡単に治療は可能なので心配をする必要はないですよ。手術は一日で済ませられます。

カントン包茎も手術をしておくのが望ましい

カントン包茎の人も、手術は必要になります。中途半端に亀頭が露出するので、無理をすると剥くこともできるでしょう。ただ、その場合は亀頭が締め付けられてしまって、最悪の場合はうっ血してダメになってしまうことも考えられます。真性包茎よりもむしろ危険度は高いといえるので、ぜひとも早期手術を行いましょう。クリニックでは、出血も最小限にして手術を済ませてくれます。最近は仕上がりも非常にきれいになりますから、気にせず切ってしまいましょう。

仮性包茎でも皮が余っているなら切ってもらおう

仮性包茎の人は、真性包茎やカントン包茎の人と比べると手術をする必要性は薄いです。そのままでも問題がないと言えばないのですが、皮が邪魔になると思うのであれば、クリニックに行って切除してもらうのがいいですね。男性同士でお風呂などのシーンで恥ずかしい思いをしなくてもよくなりますし、清潔感はアップします。コンドーム等も使用しやすくなりますので、思い切って切除しておいてもいいかもしれません。ただ、皮があったとしても害はないのでそのままの人も多いです。

包茎手術の方法とは、余った皮の切除手術になります。局所麻酔をかけて余った皮をリング状に切り取る事をします。