ビジネス英語を身に付けるための3つの勉強スタイル

英語を使う機会を自分で増やす

ビジネス英語を身に付けるためには、それを使わなければなりません。使う機会が増えれば、頭が勝手に『ビジネス英語は必要だ』と認識するので、取得率が高くなります。仕事上で使うよりも、まずは私生活で英語を使うようにすると良いです。これによって英語を使うことに慣れ、話すことに不自由なくなるでしょう。また、ビジネス英語の単語や話し方は難しいので、私生活で使う練習をしなければなりません。そして、読む練習も必要なので、英語の書類等に目を通すようにしましょう。

とにかくたくさん単語を覚える

ビジネス英語の単語は、今まで取り組んできた単語とは違います。普段の生活では、まず使うことがないものばかりであり、その量は膨大です。だから、毎日コツコツとビジネス英語の単語を暗記する必要があります。意味も難しくなるので、なるべく例文とセットで覚えると良いでしょう。これによって暗記できるだけでなく、その使い方も学ぶことができます。一石二鳥の暗記方法になるので、時間がある内に1つでも多く覚えられるように取り組むことが必須です。

TOEICを必ず受ける

ビジネス英語がどれだけ身に付いているのかを確認する手段として、TOEICを受けると良いでしょう。これはビジネス英語のための試験であり、スコア毎にそのレベルを知ることができます。熟達度を知り、次に何をすれば良いか、次の目標を立てることができるので必ず受ける必要があります。スコアが高ければ自信にもなり、いざ使う場面となっても臆することなくビジネス会話を英語で交わせるようになるでしょう。また、TOEICの試験の問題量は膨大であり、時間がなくなる可能性があるので、事前に練習しておく必要があります。

ビジネス英語とは、ビジネスで使用されるフォーマルな英語のことで一般英会話のようなカジュアルな表現を含みません。