金属加工でも重要な工程!酸洗いを行う為には

金属加工をスムーズに進める上で必要な酸洗い

メッキ皮膜の処理や溶接を始めとした金属の加工処理において、その作業直後に発生する錆びや酸化被膜といった物質の存在は大変邪魔なものとなるもの。これを綺麗に除去し仕上がりを完璧にする為にも酸洗いは大変重要な工程となるのです。対象となる金属の種類や特性を見極めて、それらに最適な温度や時間を掛け行わなければ十分な効果が得られませんから注意が必要。また酸の配合や処理時間を間違えると、対象となる金属そのものの強度が低下してしまいますから注意が必要ですよね。

酸洗いに用いる酸にも幾つか種類がある

前述の通り、酸洗いに用いる酸の種類は幾つかあります。それらのメインとなるのは特に金属に対する還元性が高い硫酸や硝酸といった強い酸であり、金属面にしつこく残る様々な成分の被膜や錆びを残さず綺麗に除去してくれるものです。ただそれだけ効果が高く強い酸ですから取扱は慎重に行わなければなりませんよね。これら酸の入手自体制限や資格が設けられる傾向が強く、安易に行えないのがデメリットです。業者に任せず個人の責任の上で実施する際は設備や機器をしっかりと準備し、安全を第一に取り組む事が一番でしょう。

危ない処理は金属表面加工の専門業者へ

金属製品のエッチングや光沢出し・錆び除去を始めとして、純粋な加工用途以外における酸洗の表面加工もまた活発に行われていますが、これらを大量に処理したい場合、個人の力に頼るよりも安全でリーズナブルな専門業者に頼る方がはるかに便利なケースが多いものです。こちらの要望をしっかり伝えればほぼその要求通りに仕上げてもらえますから、あまり無理をして自己流で進めるてしまうのはちょっと勿体無い事ですよね。自ら酸洗いの技術習得・向上を目標とするなら致し方無いでしょう。

酸洗いは金属製品の錆や汚れを洗い流す目的で強い酸性の薬剤を使います。作業中の事故を防ぐために防護服やマスクを使う他、作業場の換気を行って空気の汚染を防ぐことが安全を保つためのポイントです。